Case 事例紹介

いちご泥棒

カーテンでもなく、ブラインドでもなく。

お気に入りの生地を存分に楽しめる“プレーンシェード”
パタパタと生地を折りたたんで上下し、お好きな位置で止めておくことができます。

この度、K様はキッチンに並んだ2つの窓に、ウィリアムモリスの『いちご泥棒』を。
ヴィードのチラシに掲載している施工例を目に留めていただき、ご来店下さいました。

 

 

柄の配置に こだわりました!

いちごをついばみに来た小鳥を愛らしく見せるには・・・?
生地の取り方を工夫して・・・
これまた窓の大きさにピッタリ!の配置に。

キッチンにインディゴブルーの森が広がり、コットン生地にプリントされた
小鳥たちの姿が、色鮮やかに遊んでいます。