家具・ドアのリペア

具体的な流れ

椅子リペア前後

リペア前

長年ご愛用されていたダイニングチェア
ウレタン材のへたりがあり、座面はペタンコになってしまっています。
座面をリペアすれば、まだまだ使っていけるので生地の張替えをすることに。
張替え生地は日本国内メーカーの生地はもちろん、海外から取寄せた多数の生地サンプルからお選びいただけます。
さて、どのようにリペアが進むのでしょうか…。

古いウレタンの取り外し

まずは、座面を木枠からはずし古くなってしまった生地を取外します。
すると、長年使い込まれたウレタン材が見えてきました。こんなに薄くなってしまっています。
長年大切にこの椅子をご利用されていたんですね。
この古くなってしまったウレタン材もお役御免です。お疲れ様でした。

新しいウレタンの貼り付け

新しいウレタン材を貼り付けていきます。
ふっくらとすわり心地のいい座面ができあがりました。

ポイント

当社のウレタンは内側の硬質ウレタンと外側の軟質ウレタンの2重構造。
内側の硬質ウレタンは疲れにくくへたりにくく安定感があるすわり心地になります。
外側の軟質ウレタンは表面に丸みをだし、体へのあたりが更にやさしくなりすわり心地をアップさせます。

新しい生地の貼り付け

熟練の職人さんが生地を座面に貼り付けていきます。
柄物の場合は、一番いいポジションを選び貼り付けていきます。

リペア後

新しい椅子の誕生です。
新品以上のすわり心地の椅子に仕上がりました。

お問い合せ・ご相談はお気軽にどうぞ